読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃぽにじぇんぬ生活

パリジェンヌから昇華した新しい日本女性の生活を模索するブログ

とりあえず断捨離

こんにちは.しょあんぬです.

 

「じゃぽにじぇんぬ」という生活スタイルを確立することを目指すわけですが,最近の私は色々考えすぎて混乱しているので,とりあえず,要らないものを捨てようということにしました.

捨てるといっても,物だけではありません.パソコンの不要なブックマークを消すこともそうですし,今まで固執して持っていた考え方とか,そんなにやりたいと思っていないことをやめるのも断捨離なのではないかと思って,少しずつですが実践しています.

これはパリジェンヌの考え方に影響を受けていると思います.

パリジェンヌの一人,ドラ・トーザンさんの著書に「好きなことだけで生きる」という本があって,これも書店で見つけてつい読んでしまったのですが,この,「好きなことだけ」というのが断捨離に通じる気がします.断捨離というよりは,片付けコンシェルジュ,こんまりさんの「ときめく片付け」(ときめくものだけを残して,それ以外を捨てる片付け法)に近いかな.

 

パリジェンヌに憧れると,服とかも全て,10着とかにしたいと思いますね.でも,私はいきなり無理をしなくてもいいと思います.「多すぎるから減らさないと」と自分を急き立てると精神的にも良くないから,数にはこだわらずに,まずは自分の周りを「本当に好きなもの,ときめくもの」だらけにすることを考えたほうがやりやすいかと.もともと持っていたのが100着で,好きなものだけを選んでいたら少しは減ったけどまだ80着残ってる,とかでもいいと思うのです.

 

パリジェンヌに憧れるけれど独自の「じゃぽにじぇんぬ」を構築したい私としては,現時点でパリジェンヌのような格好よさ,お洒落さを持たない自分を否定しないことが大事なのではないかと思います.フランスと日本ではまるで環境が違うはずで,パリジェンヌの格好いい生き方というのは,パリの独特な環境で,パリジェンヌの親に育てられたから,生まれつきのように備わっているのであって,パリジェンヌと自分を天秤にかける必要はないでしょう.

だから今はあえてこう考えようと思います.「格好よくなくても,お洒落じゃなくてもいいじゃない?」と.パリジェンヌに憧れるあまり,自分の中の何かを否定しようとしてしまう自分にまずはブレーキをかけて,まずは自分をまっさらにすることも,「じゃぽにじぇんぬ」になる第一歩なのではないかと.