読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃぽにじぇんぬ生活

パリジェンヌから昇華した新しい日本女性の生活を模索するブログ

「死んだ時間」を減らす,格安SIMの無料通信

雑記帳

こんばんは.しょあんぬです.

タイトルの意味は追って説明します.

 

自分の時間の使い方を見直したいというのを常々思っているのですが,先日,「成功術 時間の戦略」という本を読んだ時,死んだ時間を減らして生きた時間を増やす,ということが書いてあったので,死んだ時間を減らそうと試行しています.死んだ時間というのは,だらだらと惰性で何かをやっている時間のことで,生きた時間というのは,自分のやりたいことをしっかりやったり,投資になる時間のことです.「時は金なり」と言いますが,時間もお金と同じように,節約と投資ができるということで,私が構築しようとしている「じゃぽにじぇんぬ」の生活スタイルも,「お金と時間を適切に使える生活スタイル」であるべきではないかと思っています.

 

それで,最近見つけた,死んだ時間を減らす方法というのが,「格安SIMの無料通信を使うこと」です.

お金の節約のために格安SIMのFreetelを利用しているのですが,Freetelでは節約モードの設定ができ,このモードにしているときは,通常よりも通信速度が遅くなるのですが,その分,通信料をとられないという無料通信です.

私は,特に人に待ってもらっているなど,喫緊な状況でない限り,この節約モードにしています.節約モードにしなくても,Freetelはもともと格安なので,別に節約モードでけちけちしなくてもいいかな,と思っていたのですが,最近,この無料通信が時間の節約にもつながると感じています.

 

それを実感したのは地下鉄.毎日,1時間ほど乗っているので,気づくとスマホを見る癖がついている私ですが,無料通信を地下鉄で使うと,とてつもなく通信速度が遅い.1つのページを開くのに,1分ほどかかることもあります.接続がタイムアウトになることも頻繁です.

しかし,それこそが良いのです.通信速度が遅すぎて,ページをなかなか開けないと,別のことをしようかなーと考えるようになります.調べ物は家に帰ってからにして,代わりに読書をしよう,語学学習をしよう,という風になります.そうすると,惰性でなんとなくネットサーフィンをする時間が減り,有効に時間を使いやすくなるという仕組みです.

 

本当は,ネットがつながる状況でも自分を律して時間を有効活用できたほうが理想的かもしれないですが,私はそんな強い心の持ち主ではないので,あえて無料通信にして,「なんとなくネットサーフィン」への流れを食い止めることは私にとって,とても効果的です.最近はやりの「デジタルデトックス」の部類に入るのでしょうか.とにかく,お金も時間も有効活用できるようになるために,おすすめの方法です.

 

P.S. ちなみに,地下鉄などでなければ,無料通信でも普通につながります.もともと通信のとても遅いケータイを使っていたので,私は無料通信で満足しています(笑)